被害者請求のメリット

弁護士のサポートを得て被害者請求を行う場合、まずは被害者請求をする旨を相手方の保険会社に伝える必要があります。多くの場合、被害者請求は提出する書類のフォーマットが決まっているので、相手側の保険会社から書類をもらうのが確実です。

その後、被害者の後遺障害を証明するための後遺障害診断書を作成してもらいます。その他にも、さまざまな書類が必要になりますが、それら一つ一つを漏れの無いように添付して相手側の保険会社に送付する必要があります。しかし、被害者請求のメリットは、後遺障害を証明するための資料を添付することができます。医師の意見書や被害者側の意見書なども添付できるので、より納得できる形で後遺障害を証明する申請をすることができます。

書類の作成が終わったら、相手方の保険会社に書類を送付します。提出された書類は後遺障害の等級認定のために、自賠責調査事務所に送られます。ここでの調査を経て後遺障害の等級が認定されます。自賠責調査事務所の調査は、提出された書類以外にも、独自に調査を行う場合があります。その後、調査結果によって後遺障害に当たるか否かの判断がされると共に、等級が認定されます。

被害者請求を行った場合は、後遺障害に相当すると認められた時点で、その等級分の示談金が先行して支払われるというメリットもあるため、手続きは煩雑ですが、被害者請求を行う方が得する場合が多いのです。

等級認定の手続き方法

交通事故の後遺障害等級認定の申請方法は2通りの方法があります。事前認定と被害者請求と呼ばれる2つの方法は、どちらもメリットがあります。事前認定は、加害者側保険会社に手続きをしてもらう方法です。こちら側が書類を用意したりする手間が省けるためとても楽で、手続きもスムーズです。しかし、加害者側に後遺障害認定の手続きを任せるという事は、どれだけ誠実に手続きをしてくれるかという不安が伴います。事前認定にしたために、本来の等級より後遺障害の認定が低くなってしまうという事も十分考えられるからです。

被害者請求は、文字通り被害者側から全ての書類を揃えて後遺障害の等級を申請する事です。用意する書類も多く手続きも煩雑ですが、被害者自身が納得する書類を提出する事が得切るため、後遺障害の認定が上手くいくという大きなメリットがあります。

ただ、気を付けたいのは、正しい書類を用意して被害者請求を行わないと、逆に等級が認定されなかったり、低い等級になってしまったりという事です。被害者請求を行うなら、後遺障害の等級認定に長けた弁護士を選びましょう。対応を誤ると、本来受け取れるはずの賠償を受けられなくなってしまいます。後遺症のある交通事故の示談交渉において、後遺障害の等級認定は最も重大な部分です。

後遺症の等級認定

交通事故の後遺症による示談金を受け取るためには、後遺障害の認定を受けなくてはいけません。交通事故による怪我の治療が終了してもこれ以上良くならないという状態になると「症状固定」という状態になります。この症状固定後に、どのような後遺障害が残っているかの認定申請をします。自賠責によって後遺障害の認定がされると、症状によって等級が付きます。この等級をもとに、賠償金や慰謝料が産出されるのです。

後遺障害の等級は1級から14級まであります。また、1級と2級に関しては要介護か否かの認定もあるため、後遺障害は全部で16等級あるという事になります。同じ等級の中でも症状別に項目が細かく分かれているので、そのどれかに該当すれば等級が認定されます。怪我の部位や症状によって等級はさまざまですが、一番低い14級でも、認定されればそれなりの金額の賠償請求をすることができます。

後遺障害の認定には、相手側の保険会社とのやりとりや、後遺障害認定のための診断書を作成の他、かなりの書類や証明が必要になります。治療や後遺障害が残っている身でこれらの手続きを行うのは容易ではありません。もちろん、書類作成や手続きも煩雑です。後遺障害についての知識を持った弁護士であれば、より上の等級になるような交渉をしてくれることも期待できます。

交通事故の後遺症の難しさ

もしも交通事故によって後遺症が残ってしまった場合、保険会社から保険金が支払われると考えている方は多いです。しかし、実は交通事故の場合、全ての後遺症に保険金が支払われるわけではありません。交通事故の場合は、後遺症ではなく、後遺障害として認められるかどうかが鍵になってきます。この後遺障害は細かく等級に分かれていて、その等級によって保険金が決定します。後遺障害の等級と、申請方法について調べてみました。

後遺障害とは、交通事故で受けた怪我が一定期間を過ぎても回復せず、後遺症が残った場合に認定されます。この、これ以上良くならないという状態を症状固定と言いますが、後遺障害の認定は症状固定の後に行います。こうした一連の流れを知らないと、相手側の保険会社のいいなりになってしまい、思いがけない損害を被ることもあるので注意が必要です。

交通事故の場合、後遺障害の認定は最も大事なポイントですが、その認定方法や手続きは煩雑です。自分一人で行うのはなかなか難しいでしょう。そのため、弁護士に相談して手続きを進めるのが一番です。交通事故の示談というのは非常に厄介ですが、後遺症を伴う場合は最も時間と手間がかかります。何も知らないまま相手側保険会社に迫られて示談をしてしまうケースもあり、正しい知識を持っていることは大切です。自分が正当な保証を得るためにも、交通事故の補償や後遺症認定について、この情報を是非参考にして下さい。