等級認定の手続き方法

交通事故の後遺障害等級認定の申請方法は2通りの方法があります。事前認定と被害者請求と呼ばれる2つの方法は、どちらもメリットがあります。事前認定は、加害者側保険会社に手続きをしてもらう方法です。こちら側が書類を用意したりする手間が省けるためとても楽で、手続きもスムーズです。しかし、加害者側に後遺障害認定の手続きを任せるという事は、どれだけ誠実に手続きをしてくれるかという不安が伴います。事前認定にしたために、本来の等級より後遺障害の認定が低くなってしまうという事も十分考えられるからです。

被害者請求は、文字通り被害者側から全ての書類を揃えて後遺障害の等級を申請する事です。用意する書類も多く手続きも煩雑ですが、被害者自身が納得する書類を提出する事が得切るため、後遺障害の認定が上手くいくという大きなメリットがあります。

ただ、気を付けたいのは、正しい書類を用意して被害者請求を行わないと、逆に等級が認定されなかったり、低い等級になってしまったりという事です。被害者請求を行うなら、後遺障害の等級認定に長けた弁護士を選びましょう。対応を誤ると、本来受け取れるはずの賠償を受けられなくなってしまいます。後遺症のある交通事故の示談交渉において、後遺障害の等級認定は最も重大な部分です。