交通事故の後遺症の難しさ

もしも交通事故によって後遺症が残ってしまった場合、保険会社から保険金が支払われると考えている方は多いです。しかし、実は交通事故の場合、全ての後遺症に保険金が支払われるわけではありません。交通事故の場合は、後遺症ではなく、後遺障害として認められるかどうかが鍵になってきます。この後遺障害は細かく等級に分かれていて、その等級によって保険金が決定します。後遺障害の等級と、申請方法について調べてみました。

後遺障害とは、交通事故で受けた怪我が一定期間を過ぎても回復せず、後遺症が残った場合に認定されます。この、これ以上良くならないという状態を症状固定と言いますが、後遺障害の認定は症状固定の後に行います。こうした一連の流れを知らないと、相手側の保険会社のいいなりになってしまい、思いがけない損害を被ることもあるので注意が必要です。

交通事故の場合、後遺障害の認定は最も大事なポイントですが、その認定方法や手続きは煩雑です。自分一人で行うのはなかなか難しいでしょう。そのため、弁護士に相談して手続きを進めるのが一番です。交通事故の示談というのは非常に厄介ですが、後遺症を伴う場合は最も時間と手間がかかります。何も知らないまま相手側保険会社に迫られて示談をしてしまうケースもあり、正しい知識を持っていることは大切です。自分が正当な保証を得るためにも、交通事故の補償や後遺症認定について、この情報を是非参考にして下さい。