後遺症の等級認定

交通事故の後遺症による示談金を受け取るためには、後遺障害の認定を受けなくてはいけません。交通事故による怪我の治療が終了してもこれ以上良くならないという状態になると「症状固定」という状態になります。この症状固定後に、どのような後遺障害が残っているかの認定申請をします。自賠責によって後遺障害の認定がされると、症状によって等級が付きます。この等級をもとに、賠償金や慰謝料が産出されるのです。

後遺障害の等級は1級から14級まであります。また、1級と2級に関しては要介護か否かの認定もあるため、後遺障害は全部で16等級あるという事になります。同じ等級の中でも症状別に項目が細かく分かれているので、そのどれかに該当すれば等級が認定されます。怪我の部位や症状によって等級はさまざまですが、一番低い14級でも、認定されればそれなりの金額の賠償請求をすることができます。

後遺障害の認定には、相手側の保険会社とのやりとりや、後遺障害認定のための診断書を作成の他、かなりの書類や証明が必要になります。治療や後遺障害が残っている身でこれらの手続きを行うのは容易ではありません。もちろん、書類作成や手続きも煩雑です。後遺障害についての知識を持った弁護士であれば、より上の等級になるような交渉をしてくれることも期待できます。