被害者請求のメリット

弁護士のサポートを得て被害者請求を行う場合、まずは被害者請求をする旨を相手方の保険会社に伝える必要があります。多くの場合、被害者請求は提出する書類のフォーマットが決まっているので、相手側の保険会社から書類をもらうのが確実です。

その後、被害者の後遺障害を証明するための後遺障害診断書を作成してもらいます。その他にも、さまざまな書類が必要になりますが、それら一つ一つを漏れの無いように添付して相手側の保険会社に送付する必要があります。しかし、被害者請求のメリットは、後遺障害を証明するための資料を添付することができます。医師の意見書や被害者側の意見書なども添付できるので、より納得できる形で後遺障害を証明する申請をすることができます。

書類の作成が終わったら、相手方の保険会社に書類を送付します。提出された書類は後遺障害の等級認定のために、自賠責調査事務所に送られます。ここでの調査を経て後遺障害の等級が認定されます。自賠責調査事務所の調査は、提出された書類以外にも、独自に調査を行う場合があります。その後、調査結果によって後遺障害に当たるか否かの判断がされると共に、等級が認定されます。

被害者請求を行った場合は、後遺障害に相当すると認められた時点で、その等級分の示談金が先行して支払われるというメリットもあるため、手続きは煩雑ですが、被害者請求を行う方が得する場合が多いのです。